メールDMマーケティングを集客・新規開拓支援ツールとして安心してご利用頂くために・・・

運営ポリシー

1.常にお客様の費用対効果・売上アップ効果を追求します。

無料お試し配信を業界初、実施していることからも明らかですがお客様の費用対効果、売上アップ効果を重視しています。
料金をいただき、折角当社のサービスをご利用いただいてもお客様に売上効果がないのは気が引けるのです。

2.お客様とWin-Winの関係を築いていきます。

1.のように考えていますから、お客様から「業者扱い」されるのを嫌います。
もし、サポート時に理不尽な要求、社会人としてふさわしくない言動、態度をされた場合にはサービスのご利用を控えて頂きますので予めご了承ください。

3.社会貢献を念頭にビジネスをしていきます。

「リストマーケティングさんを使って売上あがったよ!」と言われること、がサービス提供していて一番の喜びです。
そういって頂けるよう常にサービスを改善していきます。

配信ポリシー

1.メールDMの対象は法人・組合団体・個人事業主向け(BtoB)です

ビジネスを営んでいない個人リスト、個人宛てのメールは配信しません。
※BtoB向けのアプローチからの個人リスト登録(オプトイン)その宛先へのメール配信は除く

2.総務省による法規:特定電子メール法に準拠します

配信元の表示、配信停止のやり方の提示、など総務省が定める法規を守った配信を徹底させます。
法律を犯すとメールDMマーケティング業界の寿命が縮まり、お役に立てなくなってしまいます。

3.メール原稿(メール件名・本文)は当社で最適化します

どのように法律準拠されているか、判断できない方向けに特定電子メール法に準拠しつつ、
反響率アップされるようにメール原稿(件名・本文)を当社で最適化することができます。(月1~2回)

4.ご利用社数を月30社以内としてリストが荒れない対策をします

あまり多くの会社が同じリストにアプローチしてしまっては反響率が落ちる結果になります。
そこで当社ではご利用者数を月間30社になるようコントロールしております。
そのため同じリスト宛てのアプローチ数をコントロール・制限しています。

5.金融系、マルチビジネス系、アダルト系などはお断りしています

反社会勢力の支援につながりかねない貸金業無登録の金融系、公序良俗に反する内容、ネットワークビジネスやアダルト関連の広告は一切扱いません。
これらを一切扱わないことでリストが荒れたり、配信サーバーIPが汚れないことがメール到達率の維持するために必要です。

6.停止リスト収集・管理を徹底し、クレーム軽減をしています。

停止依頼・クレームがあった履歴のリストを当社では業界最多水準になると思われる約6万件を保有しています。
そのリストにあるメールアドレスは事前に除外するとともに、継続的にお客様単位で停止リストを管理しています。
停止(NG)リストの除外を徹底しています。

7.システムメンテナンスで常に監視・チューニングしています。

IPやドメインが汚れていないか、毎日常にチェックしています。
万が一汚れた場合には新規取得するなどして入れ替えて常にクリーンな状態を保っています。
そのためメールDMの到達率がよいです。

8.見える化をしています。

メールDM配信後のメールDM経由のアクセス数が判るよう、管理画面をご提供いたします。
アクセス数も、URLクリック者のIPアドレスを解析して重複IPを除外したアクセス数=「訪問者数」もご確認いただけます。
ご希望によっては生ログを提出致しますので本当に配信していることが判る「見える化」を徹底しています。