メールDMとは?

メールによるDMで希望業種&地域の企業・店舗の経営者層にアプローチ。

メールDMとは?

1.リストがなくても約40万件の企業・店舗にアプローチできる

メールDMを配信しようとするときに、まず必要になるのが「配信先リスト」です。当社ではその配信先リストを約40万件保有しており、そのリストをレンタル型でご利用いただけます。他社ではメールリストを購入するだけで1件@10円するなど大量のメールリストを入手しようとするだけで高額な費用が掛かりますが、メールDM.onlineならリスト利用代が月額料金にコミコミです。またメールDMはFAXDM同様にクレームがあります。クレームを軽減するために当社では2009年から収集・蓄積した約6万件の「もう送ってくるな!」というクレームになりかねないメールアドレスリストを必ず除外して配信を行います。
そのため他のメールDMサービスや自社配信に比べて迷惑メールを送るな、といったクレームの発生がかなり抑えられます。
ここまでのここまで大量のメール停止依頼のリストを保有し、クレーム軽減対策ができる会社はメールDM業界では当社のみです。
このNGリストを除外せずメールDMを配信することは「迷惑メール会社」のレッテルを張られてしまう危険性が高まります。

2.メールDM専用の配信システムが使える

通常、メールDMを独自で大量配信しようとすると共有型サーバーでは他ユーザーに迷惑が掛かるという理由でサーバー会社に注意され、契約解除になりかねません。当社ではメールDM用に専用型サーバー(1台丸ごと)を複数台契約・運用することで安全性かつ到着率の高いメールDM配信が可能です。ご自身で専用型サーバーをレンタルするだけでそれなりの月額コストが掛かりますので、メールDM用リストも使えてこの料金体系はかなりお得だとご好評頂いております。
※専用サーバーでもNGリストを除外しないとすぐサーバーIPは汚れてしまい到達率の低い読まれないメールDMとなってしまいます。

3.メールDM原稿添削(法律準拠&反応率UP)

メールDMは特定電子メール法に準拠して配信しなければなりません。そのために考慮するべき事項に対応する必要があり、法律に準拠するための細かい原稿添削を行います。法律準拠の原稿のアドバイス・添削だけではなく、反響率アップのためのコピーライティング部分の添削まで行います。
月1~2回は必ず原稿チェック・必要に応じて添削しますのでコンプライアンスに準拠した安心のメールDM配信が実施可能です。

他DM媒体との比較

メールDMなら他のDMに比べて「安い」「早い」「簡単」の3拍子です!

 
メールDM
FAXDM
郵送DM(封書)
配信単価
(発送単価)
@1円 ※リスト代込
(業界最安水準)
@5円 ※リスト代込
(業界最安水準)
@80円
(業界最安水準)
反響獲得単価
2,000円
5,000円
8,000円
反響率
(お問い合わせ)
0.05%
0.1%
1%
Web誘導
向き
(URLワンクリックのみ)
不向き
(URL打ち込むかQRコード読む必要)
不向き
(URL打ち込むかQRコード読む必要)
クレーム発生
少ない
多い
少ない
作業量
(補足説明)
少ない
(テキストのメール文章作成のみ)
郵送より少ない
(Word原稿作成でレイアウト必要)
作業が多い
(チラシ作成、印刷、ラベル張り、
折り作業、封入、封緘等)
準備期間
1営業日以内
1~3営業日
3~7営業日

効果があるメールDMとは?

  • ターゲットに合わせたアプローチ

    配信先の「業種名」「地域名」「会社名」「代表者名」をメールの件名や本文中に相手毎に合わせて挿入できます。
    受け取る側の立場で考えてください。メール件名にあなたの業種名や社名が記載されていたら開封しませんか?受け手が読まざるを得ないメールを配信できます。

  • メールDMを定期的に配信する

    メールDMはFAXDMに比べて開封率が低い反面、同じリストに定期的に配信しても継続的に反響が獲れます。実際の事例として3年間毎週同じリストに配信して毎回5~10人のセミナー集客ができている事案もあります。

  • 無料のオファーを入れる

    いきなり「買ってください!」という売り込みではなく「●●を無料で差し上げます」というメールを送ります。その無料の●●を受け取ることで一定の割合でバックエンドに繋がり利益を上げる仕組みが最も成功しやすいです。あなたのアイディア次第で利益を作れるのです。