サービスについて

無料お試しを利用できる基準は何ですか?

以下の3つの基準をクリアできましたらご利用可能です。

1.メールDM配信をご検討中の法人・個人事業主様(当社の運営・配信ポリシーにご理解・遵守して頂ける方が対象です)

2.法人・企業向けの商材の新規顧客開拓・販路を拡大されたい方。(個人向けの商材の場合は法人向けの商材にアレンジして頂く必要がございます)

3.いきなり売り込むのではなく「無料お試し」「無料小冊子請求」「無料個別診断」「無料セミナー」といった無料オファーをメールDMの内容にできる方。

※反社会的勢力、公序良俗に反する内容、その関係者と当社が判断した場合、当社と競合するサービスを運営されている、その関係者のお申込みはお断りする場合がございますので予めご了承ください。(当社独自の判断となります)

配信前にどこまでのリストが確認できますか?

ご希望によって「会社名・都道府県名・業種」の3項目までのリストをご確認いただけます。
その項目の一覧をご確認いただいたリストから送りたくないリストにチェック頂ければ配信先から除外できます。

メールリストの販売はしていますか?

メールリスト単体の販売は行っておりません。
ただし、スポット配信プランでしたら配信後にリスト(CSVファイル)がもらえます。

※提供項目:会社名・代表者名(一部)・業種名・電話番号・FAX番号(一部)・〒住所・メールアドレス

配信したくないリストを除外できますか?

配信したくないメールアドレスの一覧を頂ければそのリストは除外することが可能です。

最短でいつ配信が可能ですか?

お申込み・ご入金・配信先確定・原稿確定しましたら、最短翌営業日で配信が可能です。

メール原稿は作成いただけますか?

作成はお客様のご対応となりますが、叩き台の原稿をいただければ、こちらで特定電子メール法に準拠するよう、また反響が出やすいよう添削させていただきます。

配信の時間は指定できますか?

はい、配信の開始時間は15分単位でご指定いただけます。
ただし配信速度が1時間1万件ほどですので、5万件の配信では5時間かかるという点は予めご了承頂ければ幸いです。
※サーバーの込み具合によって若干時間がずれ込むことがございます。

自社リスト(持ち込み)でメール配信可能ですか?

当社が保有しているメールDMリストをレンタル形式で配信して頂くサービスとなっておりますので、自社リストお持込みによる配信は対応しておりません。

クレームがあった場合のサポートは?

クレームはほとんどございませんが「うちのリストをどこから知ったんだ?」といったクレームがありましたら当社にて対応させていただきます。
お客様宛に直接お電話などで配信停止のご依頼がありましたら「今後配信停止いたしますのでメールアドレスを教えていただけませんか?」というご質問で確認頂ければ幸いです。
停止依頼はメール文面内に停止URL/フォームを設置することで直接ご連絡が入らないよう対策しております。

メールDMの配信先は指定できますか?

はい、ご指定いただけます。

月額配信プランでは業種・地域でご指定可能です。

スポット配信プランでは業種・地域に加えて、資本金・従業員数でご指定いただけます。

料金体系について

他社と比べるとかなり安いですが大丈夫ですか?

はい、当社ではオンライン完結型を実現することで、営業経費を抑えて運営しておりますため、その分お安くご提供しております。元々配信インフラを個人事業時代から構築しておりましたので初期投資も極力抑えたこともお安くご提供できる秘訣です。

月額プランの最低契約期間は?

初月は配信が開始できる日から契約月の日割り分と翌1ヵ月分をお支払いいただきます。
それ以降は解約1ヵ月前に申し出て頂ければご解約可能です。(1ヵ月単位のご契約となります)

最低配信件数はありますか?

スポット配信のプランですと、1000件~配信可能です。

月額プランですと、プランにより配信できる上限が異なりますが、月間2回の配信が可能です。
(プラチナプランのみ4回)

詳細については料金表をご確認ください。

無料お試し終了後でも契約義務はありますか?

特に契約義務はございません。

その他について

電話サポートしてくれませんか?

申し訳ございません。
当社のメールDMサービスでは無料配信、圧倒的な業界最安値での料金体系でサービス提供を行う為、人件費削減を徹底しておりメールサポートのみの対応となります。(電話サポートは対応しておりません)
その点を予めご了承のうえ、サービスをご利用くださいませ。

メール配信の際は自社の回線に影響でますか?

いいえ、メールを配信するサーバー、システムは当社が保有しているものを使いますので、お客様側のインターネット回線などには一切影響はございません。

メールDMは法律的に大丈夫ですか?

総務省:特定電子メール法によって「同意がなければ宣伝・広告メールを送信してはならない」という旨の法律が策定されましたがBtoBの「取引先」「名刺交換をした相手」「メールアドレスをHPに公表している企業・事業を営む個人」には同意なしで宣伝・広告メールが送信できると認められています。
【総務省】特定電子メールの送信等に関するガイドライン(PDF)

無料お試しで1万件未満の場合どうなりますか?

無料お試しは上限1万件までとなりますが、1社様1回までとなりますので、1万件未満となっても1万件になるまで配信ができるわけではございません。(1回までとなります)
1回で1万件になるよう、最新の件数表から業種・地域をご指定頂ければ幸いです。
お手数ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

同じリストにメールすると反響率は下がりますか?

一番初めの反響率よりはゆるやかに反響が下がる傾向にありますが、毎回ある一定の割合で反響が獲れます。

理由はメールDMの開封率がFAXDMや郵送DMに比べると低いためです。

「開封率が低い」ということは、次にまたメールを送っても、また別の人が新しく開封します。(その繰り返しです)

そのため反響率が一定の割合になり、継続して反響が獲れる傾向にあります。

あるメールDM配信のお客様(コンサルティング業)では、セミナー集客でご利用されて、毎回同じリストに定期的に配信され毎月10社程度のセミナー集客に成功、毎月コンサルティング契約を獲得されたという事例もございます。

メールDMの反響率はどのくらいですか?

メールDMの切り口、商材などにより変わりますが、お問い合わせ獲得ですと0.01%(1万件配信して1件)小冊子・資料請求ですと0.05%(1万件で5件)程度です。